ホーム > 協会主催イベント

協会主催イベント


(公社)農林水産・食品産業技術振興協会が主催する農林水産技術関連のセミナー、シンポジウム、講演会等についてご案内しています。

【参加者の皆様へ】
 お申込いただく際にお預かりする個人情報につきましては、セミナー等の受付管理以外の目的には使用致しません。

行   事   名 受付方法

ユーザー認証を
設けています
開催日 開催場所
第543回技術情報交流セミナー
「日本介護食品協議会とユニバーサルデザインフード(UDF)について 」
第543回技術情報交流セミナー「日本介護食品協議会とユニバーサルデザインフード(UDF)について」申し込みフォームへ 平成29年
7月28日(金)
三会堂ビル
2階 S会議室
第544回技術情報交流セミナー
「薬用作物の国内生産拡大に向けた技術開発の現状と成果」
第544回技術情報交流セミナー「薬用作物の国内生産拡大に向けた技術開発の現状と成果」申し込みフォームへ 平成29年
9月20日(水)
三会堂ビル
2階 S会議室


ユーザー認証について

自動送信による迷惑メール防止のため、入力フォームに入る前に簡単な認証をさせていただきます。 大変お手数とは存じますが、ご協力のほどよろしくお願い致します。

「参加申込み」ボタンをクリックすると、ユーザー名とパスワードを求めるダイアログが表示されます。

その各入力欄に下記に記載するユーザー名とパスワードを入力していただくと、入力フォームが表示されます。

  ユーザー名: nourin

  パスワード欄:
    「水産(すいさん)」の読み仮名をローマ字(小文字)でご記入下さい

    入力例:
    → 「猫(ねこ)」の読み仮名は「neko」と入力


上記のユーザー名・パスワードは各セミナー共通です。



第543回 技術情報交流セミナー

「日本介護食品協議会とユニバーサルデザインフード
(UDF)について」

セミナー申し込みフォームへ
ユーザー認証を
設けています


 日 時
平成29年7月28日(金)15:00〜17:00頃
 ※ その後、引き続き簡単な情報交換会を開催する予定です。

 場 所
三会堂ビル 2階S会議室(東京都港区赤坂1-9-13)
会場案内図>をご参照ください。

 講 師
日本介護食品協議会 事務局長   藤崎 享 氏

 内 容
 1990年代以降、食品メーカーは将来の需要を見込んだ高齢者対象の食品開発を始めました。本協議会が設立されて以来、参入企業数、生産量・金額は右肩上がりに推移しており、年々本業界の勢いを感じるところです。一方、普及状況をみると業務用に比較して、市販用(在宅方面)は認知率もまだまだ低く課題も多いです。当日は協議会活動とユニバーサルデザインフード(UDF)について話題をご提供いたします。

 主 催
(公社)農林水産・食品産業技術振興協会

 参加費
会 員:無  料
会員外:資料代として1,000円(当日、受付にて申し受けます)
情報交換会の参加費は無料です。

 申込方法
平成29年7月24日(月)までに下記電子窓口またはFAXにてお申込みください。
会場の都合上、先着30名で締切らせていただきますので、お申し込みはお早めにお願いします。

(1) 電子窓口:
セミナー申し込みフォームへ ユーザー認証を設けています

(2) FAX: 03−3586−8277
 
お名前
所属機関名及び部署名
ご連絡先電話番号、FAX番号、メールアドレス

をお書添えの上お送りください。

ユーザー認証について
自動送信による迷惑メール防止のため、入力フォームに入る前に簡単な認証をさせていただきます。
大変お手数とは存じますが、ご協力のほどよろしくお願い致します。

「参加申込み」ボタンをクリックすると、ユーザー名とパスワードを求めるダイアログが表示されます。

その各入力欄に下記に記載するユーザー名とパスワードを入力していただくと、入力フォームが表示されます。
ユーザー名: nourin

パスワード欄:
  「水産(すいさん)」の読み仮名をローマ字(小文字)でご記入ください

  入力例:
  → 「猫(ねこ)」の読み仮名は「neko」と入力
お問合わせ
(公社)農林水産・食品産業技術振興協会 調査情報部  小野田・尾関
東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル7F
 TEL 03−3586−8644


  ← ホームに戻る  ↑ このページの先頭に戻る





第544回 技術情報交流セミナー

「薬用作物の国内生産拡大に向けた技術開発の現状と成果」

セミナー申し込みフォームへ
ユーザー認証を
設けています


 日 時
平成29年9月20日(水)15:00〜17:00頃
 ※ その後、引き続き簡単な情報交換会を開催する予定です。

 場 所
三会堂ビル 2階S会議室(東京都港区赤坂1-9-13)
会場案内図>をご参照ください。

 講 師
農研機構 次世代作物開発研究センター 畑作物研究領域
カンショ・資源作物育種ユニット長 大潟 直樹 氏

 内 容
 わが国の生薬原料は国内需要の約9割を輸入に頼っているが、海外からの安定的な調達が難しくなりつつあり、国内生産拡大が要望されています。また、特に中山間地域では耕作放棄地の活用や中山間地域の活性化に繋がる作物として、薬用作物の導入への関心が高まっています。残念ながら、国内産地では、種苗、栽培技術や技術者の多くが失われ、産地の維持が極めて困難になっているのが現状です。中山間地域をはじめとしたわが国の多様な気象・土壌条件において、日本薬局方の規定に準じた産品を、低コストで安定的に生産するためには、各地域に適合した栽培技術と収益が確保できる生産体系を開発し、産地における持続的生産体制を確立することが重要と考えています。
 そこで本セミナーでは、国内生産拡大の要望が強い主要品目「トウキ」、「ミシマサイコ」、「カンゾウ」、「オタネニンジン」、「シャクヤク」を対象とした栽培の状況や問題点を解説し、農研機構と産学官が共同して開発している複合経営モデルや栽培技術の方向性とその成果の一部を紹介します

 主 催
(公社)農林水産・食品産業技術振興協会

 参加費
会 員:無  料
会員外:資料代として1,000円(当日、受付にて申し受けます)
情報交換会の参加費は無料です。

 申込方法
平成29年9月13日(水)までに下記電子窓口またはFAXにてお申込みください。
会場の都合上、先着30名で締切らせていただきますので、お申し込みはお早めにお願いします。

(1) 電子窓口:
セミナー申し込みフォームへ ユーザー認証を設けています

(2) FAX: 03−3586−8277
 
お名前
所属機関名及び部署名
ご連絡先電話番号、FAX番号、メールアドレス

をお書添えの上お送りください。

ユーザー認証について
自動送信による迷惑メール防止のため、入力フォームに入る前に簡単な認証をさせていただきます。
大変お手数とは存じますが、ご協力のほどよろしくお願い致します。

「参加申込み」ボタンをクリックすると、ユーザー名とパスワードを求めるダイアログが表示されます。

その各入力欄に下記に記載するユーザー名とパスワードを入力していただくと、入力フォームが表示されます。
ユーザー名: nourin

パスワード欄:
  「水産(すいさん)」の読み仮名をローマ字(小文字)でご記入ください

  入力例:
  → 「猫(ねこ)」の読み仮名は「neko」と入力
お問合わせ
(公社)農林水産・食品産業技術振興協会 調査情報部  小野田・尾関
東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル7F
 TEL 03−3586−8644


  ← ホームに戻る  ↑ このページの先頭に戻る