ホーム > 協会主催イベント

協会主催イベント


(公社)農林水産・食品産業技術振興協会が主催する農林水産技術関連のセミナー、シンポジウム、講演会等についてご案内しています。

【参加者の皆様へ】
 お申込いただく際にお預かりする個人情報につきましては、セミナー等の受付管理以外の目的には使用致しません。

行   事   名 受付方法

ユーザー認証を
設けています
開催日 開催場所
JATAFF講演会 平成30年
6月14日(木)
三会堂ビル 9階
石垣記念ホール
新品種産業化研究会 講演会
「機能性に富むダッタンソバと大麦の新品種と産業化」
新品種産業化研究会 講演会「機能性に富むダッタンソバと大麦の新品種と産業化」申し込みフォームへ 平成30年
7月6日(金)
三会堂ビル
2階A会議室


ユーザー認証について

自動送信による迷惑メール防止のため、入力フォームに入る前に簡単な認証をさせていただきます。 大変お手数とは存じますが、ご協力のほどよろしくお願い致します。

「参加申込み」ボタンをクリックすると、ユーザー名とパスワードを求めるダイアログが表示されます。

その各入力欄に下記に記載するユーザー名とパスワードを入力していただくと、入力フォームが表示されます。

  ユーザー名: nourin

  パスワード欄:
    「水産(すいさん)」の読み仮名をローマ字(小文字)でご記入下さい

    入力例:
    → 「猫(ねこ)」の読み仮名は「neko」と入力


上記のユーザー名・パスワードは各セミナー共通です。



新品種産業化研究会 講演会
「機能性に富むダッタンソバと大麦の新品種と産業化」


 近年の健康指向の高まりから機能性食品が注目される中で、農研機構等の研究機関でも様々な作物について機能性の高い品種が育成されてきました。 今回はそれらのうち、特に注目されるものとして、ダッタンソバとモチ性大麦を取り上げます。
 ダッタンソバは様々な健康機能性が謳われているルチンというポリフェノールを多く含みますが、ルチンは水を加えるとすぐに分解する性質を持ち、 またこの分解によって強烈な苦みが出ることが課題となっていました。この欠点を、ルチン分解酵素が極めて弱い遺伝資源の系統を使って改良した品種が「満天きらり」です。 この品種からは苦みが消え、また機能性に関しては肥満抑制機能などが確認されました。そしてこれまで、北海道などで栽培から製粉・加工までを一貫実施することにより、 耕作放棄地の解消や地域の活性化につながっています。
 大麦に含まれる水溶性食物繊維、β-グルカンは、血中コレステロールを正常化する作用や食後血糖値の上昇を穏やかにする作用等多くの健康機能性を持つことが報告されています。 中でもモチ性の品種はβ-グルカンの含量が高く、またその食感の良さからも“もち麦”の国内市場は急成長していますが、国内産が少ないため、輸入に頼らざるを得ない状況でした。 しかし外麦を使う精麦メーカーから国内産への需要が強いことを背景に、国内生産に適した“もち麦”品種やβ-グルカン高含有品種が育成されてきており、 各地でそれらの産地化・産業化が急速に進んでいます。
 本講演会では、これらの品種の育成と産業化に携わってこられた二人の講師をお招きし、これら品種の魅力や産業化への展望などをお話しいただきます。

 日 時
平成30年7月6日(金)14:00〜16:00

 場 所
三会堂ビル2階A会議室
(〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-13
 <交通>(1)東京メトロ 銀座線,南北線  溜池山王駅9番出口
       (2)東京メトロ 銀座線 虎ノ門駅3番出口
       (3)東京メトロ 千代田線,丸ノ内線 国会議事堂前駅3番出口)

 内 容
【講演1】 苦くないダッタンソバ品種「満天きらり」の育成と利用及び今後の展望
(農研機構 次世代作物開発研究センター 森下 敏和氏)

【講演2】 “もち麦”と高β-グルカン大麦:新品種の開発状況と普及の展望
(農研機構 西日本農業研究センター 吉岡 藤治氏)

 参加費
新品種産業化研究会の法人会員または個人会員: 無 料
会員以外: 1,000円

 申込方法
下記フォームにて承ります。

申し込みフォームはこちら!


ユーザー認証について

自動送信による迷惑メール防止のため、入力フォームに入る前に簡単な認証をさせていただきます。 大変お手数とは存じますが、ご協力のほどよろしくお願い致します。

「参加申込み」ボタンをクリックすると、ユーザー名とパスワードを求めるダイアログが表示されます。

その各入力欄に下記に記載するユーザー名とパスワードを入力していただくと、入力フォームが表示されます。

  ユーザー名: nourin

  パスワード欄:
    「水産(すいさん)」の読み仮名をローマ字(小文字)でご記入下さい

    入力例:
    → 「猫(ねこ)」の読み仮名は「neko」と入力


上記のユーザー名・パスワードは各セミナー共通です。

 お問い合わせ先
新品種産業化研究会事務局
 公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会(JATAFF)
 イノベーション事業部内(担当:鵜戸口、田渕)

 東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル7F
 TEL:03-3586-8644
 メール:jsip2013@jataffjp

  ← ホームに戻る  ↑ このページの先頭に戻る


JATAFF講演会
「観賞用のサクラに対する育種の可能性
 −サクラは‘染井吉野’だけではない−」


 日 時
平成30年6月14日(木)15:20〜16:40 (予定)

 場 所
三会堂ビル9階 石垣記念ホール
(〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-13
 <交通>(1)東京メトロ 銀座線,南北線  溜池山王駅9番出口
       (2)東京メトロ 銀座線 虎ノ門駅3番出口
       (3)東京メトロ 千代田線,丸ノ内線 国会議事堂前駅3番出口)

 内 容
 日本の春を代表するサクラは、市街地だと栽培品種の‘染井吉野’が圧倒的に多く用いられています。‘河津桜’のように新しい栽培品種も生まれていますが、 ‘染井吉野’も含め江戸時代に生まれた栽培品種が、現在でも広く利用されているのです。一方、日本列島には10種のサクラが自生していますが、現在あまり利用されていません。 紀伊半島で新発見されたクマノザクラは「お花見」にも利用可能な素材であり、これまで関心が薄かった野生のサクラを見直すきっかけになることが期待されています。 そこで、サクラの栽培の歴史を紹介するとともに、今後のサクラの育種の可能性を論じます。

 講 師
(国研)森林研究・整備機構 森林総合研究所 多摩森林科学園
サクラ保全担当チーム長  勝木 俊雄 (かつき としお) 氏

主な著書 サイエンス・アイ新書『桜の科学』SBクリエイティブ 2018
      岩波新書 『サクラ』 岩波書店 2015
 参加費
無 料

 申込方法
当日会場に直接お越しください。
当日はJATAFFの定時総会後に開催します。参加は自由で、参加費も必要ありませんので、ふるってご参加ください。

 お問い合わせ先
 公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会
 東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル7F
 TEL 03-3586-8644

  ← ホームに戻る  ↑ このページの先頭に戻る