ホーム > 植物品種の保護、開発等に関する調査研究

植物品種の保護、開発等に関する調査研究



平成25年度の活動計画
・「植物品種保護戦略フォーラム」の活動
 植物品種育成者権の保護とその活用の促進に寄与するために「植物品種保護戦略フォーラム」(会員:約180組織・個人)の事務局として、植物品種育成権侵害対策や活用に関する活動を行う。

 品種保護制度と知的財産、種苗産業に関する施策、植物遺伝資源などをテーマとして講演会を開催する。また、情報提供としてメーリングリストを通じてフォーラム関係者に随時、情報を送付する(年間数十件)。

 登録品種の統一表示マーク(PVP)の普及に向けた活動等を行う。

・「新品種産業化研究会」の活動
 地域経済の活性化につながる植物新品種の産業化を促進するため、関連情報の交換、共同研究の推進等を行う。その分科会活動としてサツマイモ新品種の利活用を図る「すいおう分科会」、並びに「油糧米分科会」が各分野で活動する。

・農林水産省からの委託事業の実施
 植物品種の保護、開発等に関する委託事業の公募があった場合に、公募内容を適宜判断して応募する。内容として植物遺伝資源、育成者権侵害、新育種技術などが対象分野となる。


ホームに戻る