ホーム新稲作研究会 > 平成30年度委託試験・現地実証展示圃設置等の課題募集について

平成30年度委託試験・現地実証展示圃設置等の
課題募集について


課題募集は終了しました


  趣旨
 新稲作研究会は、新しい「食料・農業・農村基本計画」の方向のもとに、21世紀にふさわしい農業をめざし、国における農業施策上の新たな課題、技術開発や生産対策の方向などを踏まえ、 今後、普及が見込まれる高度な農業生産技術等についての実証と新技術の実用化を促進するため、全国の農業関係試験研究機関・普及指導機関等の協力の下に試験等について委託し、成果をとりまとめ、 国際的な食料事情に的確に対応するとともに、環境保全に配慮しつつ、わが国農業の発展に寄与しております。

 このため、下記により、全国の農業関係試験研究機関・普及指導機関等に対し募集を行うものとします。

1.募集内容等
(1)対象者
・ 国及び国立研究開発法人の試験研究機関
・ 都道府県農業関係試験研究機関、社団・財団法人等
・ 都道府県農業改良普及指導センター等普及指導関係機関
・ その他日本国内の大学、民間試験研究機関等

(2)委託試験及び現地実証展示圃設置等募集課題名
  (課題)
    別添:資料-1

(3)実施期間、経費等
申請書の様式 記入要領 9.10. をご覧ください。

(4)申請書の様式
    別添:資料-2


2.募集期間
平成29年6月27日(火)から平成29年9月29日(金)まで

3.課題の選定及び決定
 応募課題の審査は、専門家からなる実施課題審査選考委員会を設け書類審査・ヒアリング等により適正な審査選考を実施した上で、 実施課題を選定し公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会理事長が決定します。

4.審査の主なポイント
 ・ 趣旨・目的に適合したものであること
 ・ 委託試験及び現地実証展示圃設置等募集課題に沿ったものであること
 ・ 委託試験及び現地実証展示圃の効果が期待できるものであること

5.審査結果の連絡
 審査結果については、公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会理事長から課題提案機関に通知するとともに、委託契約等について依頼します。

6.実施機関
公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会

7.その他
 ・ 応募頂いた課題については、当事業の採択等に使用することのほか、他に流用することはしないこと。
 ・ 試験結果及び成果のポイントを明らかにした成績概要を取りまとめ、平成30年度末に開催予定の成績検討会で報告する。

(連絡先) 〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-13
   三会堂ビル 7階
公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会
   TEL:03-3586-8644 FAX:03-3586-8277


詳細は下記募集要領をご覧下さい。



* 募集要領と様式
 ・平成30年度実施課題募集要領 (PDF形式)
 ・資料-1「平成30年度以降の課題について」 (PDF形式)
 ・資料-2「申請書の様式」 (PDF形式)
 ・同 上 (MS-WORD形式)

* 参考資料 (PDF形式)
  ・平成29年度実施課題一覧

* 平成30年度委託試験・現地実証展示圃における試験項目及び成績取りまとめ要領(成績原稿作成要領) (PDF形式)


新稲作研究会のトップに戻る  ↑ ページの先頭に戻る